自然災害〜地球上の色々な変化〜思うこと

  • 11/16/2018
  • 日常
  • 52Views
  • 0件

こんにちは

Chi-Akiです

 

前ブログで書きましたが

現在カルフォルニア全土のあちこちで

自然火災が発生し

大きな被害をもたらしています

 

先週木曜日からなので

すでに1週間過ぎました

今朝のニュースで

死者数は州全体で66人に達し

行方不明者が631名とのことでした

 

娘のスケートのコーチのご家族も

この火事で家が全焼しました

数ヶ月前に引っ越したばかりだったとのこと

不幸中の幸い

ご家族は無事だそうで 

本当に良かったです

 

私の幼少期と比べると

自然環境が本当に変わったなと

実感しています

 

日本の福島県にある 実家の家の前の川で

子供の頃よく遊んでいました

裸足でズボンを捲り上げて

水の中に入り

魚やザリガニを捕っていたのを

よく覚えています

今ではもう ただのドブ川

悲しいことに…

 

2011年3月11日に起こった

東日本大震災

 

私と娘は

その渦中にいました

👉 http://happylife23.com/earthquake-in-japan/

それについてはまた詳しく書きますが

いまだ終息しない

福島第1原発の放射線物質汚染処理

政府は報道しないけど

海に流れているに決まっている

 

なのにちゃんとした検査もせず

復興のためと

翌年には海開きをした

 

自然豊かな福島県だったのに

海も川も汚れ

土壌も汚染され

色も匂いもない放射能物質が

どれくらい散布されているのかもわからない

 

そんな中 

今まで通りに生活している人たちがいるのが

現状なのです

 

もちろん街を出て行った人もいる

私たちはたまたま主人の仕事の関係で

アメリカに引越し

そして帰らない選択をしたのです

 

あれから7年と8ヶ月

 

暮らしをよりよく快適にするために

私たちの祖先が

ここまで色々なものを作り上げてきた

生活は豊かになって

得たものがたくさんあるはずなのに

それと裏腹に

人々の心が 

満足できない状態になっている気がする

 

そしてまた

便利さとの引き換えに

失ってきているものもたくさんある

 

自然災害が起こるたびに

『地球が何かを訴えようとしている』

と感じる

 

物事は全て必然的に起こっていると思う

 

スポーツの試合に負けたり

友達と喧嘩したり

事故にあったり

仕事を失ったり

 

それと同じように

これらの自然災害も

決して偶然ではないのだと思う

 

これを機に

今後のことを考える必要があるのだと思う

恵まれた環境のはずなのに

決して生きやすくない今の世の中

たくさん溢れている情報の中から

本当に適切なものを

自分で掻い摘んでいく必要がある

 

こんな世の中だから

 

悪いものをなるべく取り入れないように

色々な情報に惑わされないように

人に流されず

自分の足でしっかり立って

前を向いて進んでいきたい

 

子供達にも

どんな環境でも

強く逞しく生きていく術を

身につけてほしいと思い

日々接している

 

でも一番は

やはり健康な体を維持すること

そして人生楽しくいくこと!

 

Be happy & Be healthy & Be positive!

最新情報をチェックしよう!